sidas-main-img.jpg

カスタムインソール製作の流れ

足の特徴は人によって千差万別です。ただ一つの理論がすべての足に当てはまることはあり得ません。

専門知識と技術を持ったスタッフが一人一人の足の特徴を丁寧にチェックし、足の特徴や使用する用途、スポーツ種目、問題点などに合わせて素材の組み合わせから成形方法まで、個々のニーズに合わせたインソールを製作します。

vlkfMUP3RVCBNVpMePEPew.jpg

​インタビュー

まず初めに、使用される用途やスポーツの種目。足の問題点やインソールに求める機能などをお伺いしたうえでインソール製作の方向性などをご相談させていただきます。

IMG_6050.JPG

​足のサイズ計測

​計測時の誤差が少ないブランノックデバイスやフィートレベレーターを使い足のサイズを正確に計測します。また同時に足のシルエットや足幅なども確認。また、必要に応じてフットプリントなども採取します。

sidas-rando-beaufortain-2018-hdaufildesl

​シューズのチェック

​カスタムインソールを使用するシューズが足のサイズに対して適切か?また足のバランスやトラブルなどに対し問題が無いかなど、シューズも併せてチェックします。

​最新の分析ツールも活用した詳細な分析

足のアーチの高さやフットプリントだけでは十分に足の特徴を把握できません。

足の動き方のクセや歩き方、重心のバランスなど、いくつかのチェックに加えて最新の足圧分布計測器なども活用し、足の特徴を把握します。

​立位でのバランスチェック

足のアーチの高さ、姿勢や足などの骨格のアライメントなどを確認します。

​また、スクワット動作など動きが加わった状態での動きのクセなども観察します。

​歩行のチェック

​歩行時の足の使い方や重心移動、足のブレ方など運動時の足の状態を観察します。

​足圧分布計測器による分析

​より正確な分析を行うため、最新の足圧分布計測器を使い、足裏に掛かる圧力分布、重心のバランスや動揺、歩行時の重心移動なども必要に応じて計測を行います。

20190922-IMG_6295.jpg
podoscope-mirror-inclined.jpg
s-plate_1.jpg

​一人ひとりに最適化したインソールを製作。

カスタムインソールに求められるサポート力や衝撃吸収性、グリップ力などは足の特徴や使用する用途や種目、使用するシューズによってそれぞれ異なります。一人ひとりのニーズに合わせて最適な素材を組み合わせ、足をより良いバランスでサポートできる形状に成型します。

20190922-IMG_6291.jpg

​インソール素材の選択

インソールのサポート力や衝撃吸収性、表面素材のクッション性やグリップ力など足のバランスや使用する用途に合わせてセレクトし組み合わせます。

より価格を抑えたい場合はシダスインソールも一部取り扱いしています。

20190922-IMG_6299.jpg

​トリミング

型取りが終わったインソールは使用するシューズの形状に合わせてカットし、幅などを研磨して調整します。

sidas-main-img.jpg

​足の型取り

シリコンバックやプリントボックスを使い、足の骨格をより良いバランスでサポートできる形状で足の型取りを行います。

主に店頭ではシリコンバックを、出張サービスなどではプリントボックスを使用します。

インソールイメージ2.jpg

​試し履き~完成

完成したインソールをシューズにセットし、実際に試し履きをしてフィット感をチェックしていただきます。

​試し履きの際はご使用になるソックスも併せてご持参ください。

20190922-IMG_6300.jpg

​インソールの成形

​組み合わせたインソール素材を加熱、圧着したうえで、型取りした足形に合わせて成型します。

所要時間:約60~90分

アドバンスドフットが取り扱うシダス・ポディアテックインソールは、従来のオーダーインソールの様に何日ものお時間を頂きません。スペシャリストがあなたの足に合わせてその場で制作します。所要時間は約1時間~1時間半程度です。

​※ご来店時はご予約の上でのご来店をお勧めいたします。